講座一覧

2018.02.14

【中級編2】実戦に見る手筋2

さて、前回の講座では、以下の局面で
4一銀と打ち、同玉と取らせて以降の
寄せ方を学びました。
ここで4一銀と捨てるのが良い手
   ↓

    4一銀

同玉と取らせて2一龍としたら、
前回記事の通り、簡単に寄ります。
以下は、手順に寄る形
     ↓


そこで後手、4一同玉は危ないとみて
4二玉と寄ってきました。

これには2二飛成と王手で突っ込みます。
王手で突っ込みつつ、同時に相手の角から
先手で飛車を逃げることもできました。
もし、ここで4一玉と銀を取れば、
さっきの2一龍と同じ形になります。
それで後手は銀を取れず、5一玉。


その局面が問題。

この局面では、持駒の銀を使って
相手に「詰めろ」+「飛車取り」を
かける手を見つけてください。

問題 どこに銀を打ちますか?



答えは


  ↓



7一銀(詰めろ+飛車取り)

この銀は、「詰めろ」(次に詰ます)と
「飛車取り」の両方の意味があります。


例えば後手が7八角成と金を取ってくれば
   ↓

5二銀成、同飛、同飛成、同玉、7二飛で
   ↓

飛打の王手ですが、7一銀の斜め足の
効果で、合駒がきかず(打ってもタダ)

以下、詰み。
7一銀打は、飛車取りでもあるので
7八角成の所、仮に詰めろを受けても、
飛車を取られて後手に勝ち目はなし。

すぐに攻めようと焦らず、
じっと7一銀と打つと、このように
簡単に勝てるのです。


一応、こうしたことを理解したうえで、
では、次の段階へ。

7一銀のところ、すぐに5二銀成と
するのはどうかを見てみましょう。
結論から言うと、実はこの局面は
詰んでいるのです。
    ↓

ここで5二銀成、同飛、同龍となって
以下の図

5二同玉と取り返されて、先ほどの
7一銀と打ってある形と違って、今度は
飛車で王手しても合駒を打って、しっかり
守れる形なのです

果たしてこの局面、とっかかりの駒も
ないのに本当に詰むんでしょうか?
問題 どうする?
    ↓



答えは


   ↓




2二飛車打

非常に長いですが、実はこれで詰みます。
2二飛の代わりに、8二飛もあるのですが、
手筋を使って追いかけて行った時、飛車は
右から打って、左に追いかけて行った方が
後々の長い手順で、最後に7四の歩
逃げ道の邪魔になる可能性がある
分だけ、
少し得だと判断するのです。

ともかく順番に後手の合駒を考えて
みましょう。

まずは4二銀の合駒
問題 ここでどうしますか?



答えは


  ↓



4一銀

銀や角みたいな横に利かない合駒に対し
こうやってわざと銀を捨てて、玉を
おびきだし、金の王手で寄せていく
手は、
すごくたくさん出てきますので、絶対に
覚えておくべき手です。

この金打が狙い。

あとは駒を取り返しつつ寄せていける

とはいえ相手の玉に8三~8四のルートで
逃げ出されたら詰まなくなるので
上の図の4二金、以下、6一玉に対し
5一金でキッチリとどめをさす。
飛車の利きがス~ッと通ってます。

以下、同玉に5二金の頭金を打って詰み。

では銀打の局面に戻って、ここで
もし6一玉と逃げられた場合はどうする
のでしょう?
   ↓

問題 ここでどうやって詰ますか?




答えは



  ↓



6二金打の捨駒

わざと取らせて、王手がかかるように
するのです。同玉、4二龍、以下詰み。



これで最初の2二飛車の王手に、
銀や角のように、横に利かない
駒の合駒だと簡単に詰むことが
分かりました。角の方はやってない
ですが、理屈からして同様です。

では、残る後手の手段は4二飛車のみ
   ↓



この局面は次回の講座でとりあげます。