講座一覧

2018.02.11

【中級編2】実戦に見る手筋1

ある実戦でこんな局面になりました。

ここからどう指すか中々むずかしい
ところなんですが、先手は5六角と
打って2三銀成からの突破を狙いました。
   ↓
5六角打 無理やり突破を狙う攻め

こういう手は、例えば後手に4一角と
打たれて、2三を守られたりして、
必ずしも成功するわけではありませんが、
こういう手筋があることは覚えておくと、
実戦で、すごく使えます。本譜は仮に
4一角と受けたら、7四角と歩を取る
手もあるので、後手は5五銀と角を
攻めてきました。

ここで7四角とか、6七角と引いておく
手もあったのですが、そこで8四飛車とか
4一角、あるいは4四角みたいな手があり
なかなか難しいので、先手はここで
2三銀成と踏み込んでいくことを決心
しました。

2三銀成

この2三銀成には、後手、普通は同銀と
取るべきなのですが、すると5六の角が
逃げながら、2三角成と成りこめます。
そして同金、同飛車成となってしまうと
駒損でも飛車が成りこめて、先手の
大優勢になるのです。

そうなっては後手の5五銀と出た手が
全くの無意味になるので、上の図では
5六銀と角を取ってきます。
   ↓

こうなったらもう、5六の銀は無視して
勢い2二成銀と取って後手陣が
立ち直れないように、破壊する一手です。
2二成銀 突っ込みます。
     ↓

さてここで、後手もどうするか…
先手の成銀を取ってしまっては同飛成と
飛車に成りこまれてどうしようもなく、
かといって、5六の銀を今さら逃げては
いられません。そこで後手も考えて、
5七銀成と突っ込んできたのです。
     ↓

王手。先手の玉が、ここでひるんで
7九玉などと、逃げてしまうと、
後手が楽になってしまうので、ここは
断固として同玉と取ります。
      ↓

さぁここで、後手の次の一手に注目です。
後手は、とても鋭い手をやってきました。
   ↓
2七歩

これはなんだろう?
ははぁ~ん。
同飛車と取らせて、4五角と打ち、
飛車と金の両取りをかけるつもりだな・・
しかし、それはまぁ、2八飛車と引く形で
両取りを受ける手もあるし、とりあえず
2七の歩は取るべきだろうな、と、
こんなふうに判断して、同飛と取ります。
すると、
後手はやはり4五角と打ってきました。

さて問題です
ここで先手はどう指しますか?



答えは



  ↓




3二成銀

とりあえずこうやって王手しておきます
そのあとで、2八飛車と引くなり、他に
なにか良い攻めがあるかどうかと考える。

問題 ここで受けずに攻めるには?
ここで銀を使って素晴らしい攻めが
あります。何手も読めたら三段以上です。



答えは


   ↓



4一銀の送りの手筋が超良い手。

この4一銀が高段者を目指す最強の一手
他には2一銀というのもあり、相手玉は
4一玉と逃げますが、そこで2二飛車成
としておいて、次に3一龍の詰みを狙う
これもありました。
ただ、それは2二飛成に4二金と守られて
やや攻めが遅くなるので、一番いいのは
高段者の4一銀です。
4一銀はタダで取られますが、その後で
損した分をまとめて取り返せるのです。
どうなるのか見てみましょう。同玉には
もちろん2一飛車成と王手します。
   ↓

取ったはいいが、後手はここで困った。
後手は3一銀、あるいは3一角と、相駒
を打つしかありませんが、そこで
3二銀と、たたみかければ、その駒を
タダで取り返せるのです。

   ↓

駒損を取り返した後は、攻めがスムーズ
に進み、結局、攻めが速くなった分だけ、
得をすることになるのです。

3二銀とされては後手は4一玉と逃げる
しかありませんが、手順に3一龍と
王手で迫り、後手は今度は合駒も効かず、
6二玉と逃げるしかありません。
    ↓
さて、この局面でいい手があります♪

上の図まで追ったら、次にものすごく
良い手がありますよ♪
どうしますか?


答えは



  ↓



 
7一銀の王手飛車 後手はイタタッ!

そして、7二玉、8二銀成

同玉と取るしかなく、8一飛車

以下、詰みとなります。

どうですか?
4一銀の送りの手筋で、一時的に銀を
損したように見えても、
その後に取り返しが利き、
さらに後手玉を逃げ惑うばかりの形に
追い込んで、その後の攻撃がスムーズに
進みました。
これが、2一銀の重い攻めと、
4一銀の送りの手筋の差です。


この違いをよく覚えこみましょう!